読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴン「ジンが欲しいものって何?」

みなさんこんにちは。

丁度先日、6年間通ってた千葉の美容院から吉祥寺の美容院に鞍替えをした本田・川島です。

 

 

その時のおれは美容院を変えることで、生きる意味を悟ってしまうことなど知るはずもなかったのであった。。。。。

 

 

 

おれは学生時代ずっと同じ千葉の美容院で髪を切ってたわけですが、実家に帰ってきたことで新しい所を探さなくちゃいけなくなったのです。

 

 

 

ただおれは前の美容院に満足してたので、新しい所に行くのにめちゃくちゃ乗り気じゃなかったんです。だって新しい所だと下手な人に当たるかもしれないし、こっちの要望とかがうまく伝わらなくて失敗する可能性が高いでしょ。その点ずっと通ってたところなら、実力も確かだしこっちの好みも知ってるから安心じゃあないですか。

 

 

 

そんなブルー気持ちながらも、このまま髪を放置しておくわけにはいかないのでホットペッパーで一番人気と書いてあったところに行ったおれであったのですが。。。。

 

 

 

「なんじゃこりゃああああ!!!」

 

 

 

蓋を開けてみれば、なんとまあ凄腕じゃあないですか。ちょろっと話しただけで完璧にこっちの要望通りに仕上げてしまうんです!しかも前の美容院の半分の時間で。その上料金も1000円安いとは。。。

 

 

おれは思いました。

 

 

「おれの今までの6年間はなんだったんだろう。。。」

と。

 

 

それと同時に

「これこそおれが日々学び、何かに挑戦し、旅をする理由なんだな。」

と。

 

 

人っていうのは自分の知っている範囲内のことでしか物事を考えられないんですよ。そして自分の知ってる範囲こそが全世界だと勘違いしていると思うのです。その外にその何百倍も素晴らしい世界が広がっていることも気づかずに。。。

 

 

 

これってすごい勿体ないことだと思うのです。なぜなら今感じてる幸せとか満足感は世界を広げたときの自分が感じられるそれより高確率でしょぼいものだからです。正直おれはもう前の美容院には行けないです(笑)。世界をちょっとだけ広げたことで、以前はいいと思っていたものが全然十分じゃなかったって気づいてしまったから。

 

 

 

もちろん自分の今の環境・状況を前向きに捉えて毎日を楽しむってのはめちゃくちゃ大切だと思うのです。ただ同時に新しいことに挑戦して世界観を広げていけば、もっと楽しいことが待ってるということを常に頭の片隅に置いておくことが同じくらい大切だと思うのでした。おれは毎日ちょっとずつ挑戦して学んで、世界をどんどん広げていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ゴン「ジンが欲しいものって何?」

 

 

ジン「おれが欲しいものは今も昔も変わらない。目の前にない「何か」だ。」

 

ハンター×ハンター32巻338話より)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ということで、たかが美容院を変えただけで少し悟りを開いた話でした。

 

 

 

 

おわり