読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Way

みなさん超おひさしぶりっす!

 

前回おれの今後の目標・使命について書くと宣言してから早3週間くらいたってしまいましたな笑

実は書く内容の下書き自体はかなり前に作ったんだけど、修論のほうが手を離せなくて書けずにいたのだ。

 

 

 

ということで早速だけど前回の続きをズバーッと書くぜ。

 

 

 

 

もうずばり結論からいうと、おれの今後の使命は

 

 

「音楽でみんなを幸せにする!」

 

 

ことに決めた。

 

 

なんじゃそれ!と思うだろうから解説しよう。

 

 

この使命は、

 

①音楽の技術を極めることで、聞く人をハッピーにする。(技術で人を幸せにする芸術家やアーティスト的貢献)

 

②音楽を通して成長したいと思っている仲間を集め、一緒に成長していくことでみんなの人生を豊かなものにしていく。(成長の場を作るという貢献)

 

③自分が高い目標に向かって突き進んでいる姿を見せることで、関わる人に何かしらの気づきのきっかけを与えていく。(変化のきっかけを与えるという貢献)

 

 

という3本柱でできている。

自分の音楽を極めたいという情熱とその活動を通じて人の役に立っていくという貢献の掛け算になってるのだ。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

では次になんでおれはこんな使命に決めたか、そもそもなんで使命を持とうと考えたかについて書こう。

 

 

 

まず出発点は俺にとって「最も幸せな状態」とはなんなのかというのを考えたことだった。今までの自分の人生を思い返してどんな瞬間に一番喜びや充実感、満足感を感じたかを明確にしていった。そこで浮かび上がってきたのが以下の2つの要素だった。

 

1、好きなことに熱中しているとき。そしてそれを上達させているとき。

 

2、誰かの役に立っているとき。

 

 

この2つが今まで自分の心から楽しんでたり充実していたとき全てに共通していたことだった。

 

1でいえば部活でサッカーをしていた時。本を読んでるとき。絵を書いてるとき。英語を勉強してるとき。サークルに打ち込んでいるとき。

 

例え最初はヘタクソでも好きという気持ちがあれば時間を忘れて取り組めたし、練習がどんなにつまらなくてきつくても上達する喜びで幸せだった。

 

2でいえば誰かが困っているときに少しでも役に立てると心の底からうれしい気持ちになるし、ひとのためということを大切に日々行動すると魂が喜んでるのを感じる。

 

 

 

ということでおれにとっての幸せを考えたときに、

 

「情熱を持てる大好きなことを極めていって、それを通じて誰かの役にも立っている」

 

 

っていう状態にならなきゃという結論に至った。そしてそのためには情熱を注ぐ”何か”を見つけることが必要不可欠だと気づいたんよね。ちなみにこの何かを通じて世の中の役に立つことをおれは「使命」と定義した。

 

 

ということで自分の幸せが何かを考えた結果、「使命」をもつ必要があるっていう結論にたどり着いたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

では次になぜ音楽を自分の「使命」にしたかということを書こう。

 

 

これは以前別の記事で何回か書いたけど、俺が大学3年で就活をしているときおれはある一つの問題にぶち当たった。それは

 

 

「やりたいことがない、興味をもてる仕事がない」

 

 

ということだった。おれはやりたいことがない人生なんて嫌だ、もっと自分の意志で好きなものを作ってかなくちゃだめだと思って、それ以来約3年をかけて自分のいろんなことに対する興味の炎を大きくしてきたわけだ。

 

 

しかしいざ修士2年になりもう一度就活をするとなった時に、結局は就職活動という枠の中の与えられた選択肢からマシなやつを選んだだけだった。

 

 

来年からおれは職業でいえばシステムコンサルタントになるわけで、そういうITとかコンサルに興味はある。会社の自由なスタイルも結構気に入ってる。しかし友達に、

 

「そうか、川島はシステムコンサルタントになりたかったんだ」

 

 

と言われたときにちゃんとYESと答えられない自分がいたのだ。

「おれが本当に情熱を注ぎたいことはこれなのか?」と自分に問いかけたときにNOという答えが返ってきた。

 

ということで、もう一回おれは何が好きなのか、何に憧れているのか、心の底から情熱を注ぎたいと思うものは何なのか、心からこうなりたいという自分はどんな姿なのかを1から考え直した。

 

 

約60個の興味あることを書き出して、それを統合し整理し優先順位を付けた結果

 

「おれ、音楽に情熱をぶつけてみたい!」

 

 

という思いが形になったのだ。そしてふと思い出すとおれが幼稚園の頃、園長先生がギターを持って伴奏してくれてみんなで大声で歌ってた時最高に楽しかったな~という原体験・出発地点がよみがえってきた。

 

 

せっかく残りの人生、何かに情熱をかけるなら好きな音楽にぶつけてやろうと決めた!こういうわけで俺は音楽を自分の「使命」にしたのだ。

 

 

 

 

ちなみにここでの重要なポイントは使命を見つけたのではなく”決めた”というところなのだ。おれはずっとおれにぴったりの仕事とかやりたいことが方程式を解くかのように自然と導き出されると思っていた。けど3年間それを探し続けた結果、そんな答えはどこにも見つからなかったんよね。そして気づいた。人生のそういうでかい一歩ってやつは、選択肢そのものを自分で作り出して、それが正しいかはわからんけど失敗覚悟でその選択肢に飛び乗ることでしか進められないんよね。

 

”決断”ってのは既存の選択肢から何かを選ぶことじゃなくて、自分で無から作り出した選択肢にリスクを恐がらず全力でぶっこむことなんだろな。

そういう意味でおれは今回人生で初めて決断をした気がする笑

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

ということでおれがなぜ使命を持とうと思ったか、そしてなぜ音楽を使命にしたのかを書いてみた。

 

 

 

ここまででだいぶ長くなってしまったので、最後にじゃあ今後おれはどうしていくのかについて書こう。

 

 

 

まず音楽に情熱を注ぐってことなんだけど具体的にどうするかっていうと、今一番ワクワクするギターを極めることに当分の間は全力を注ぐ。とりあえずこの1.2年で

 

https://www.youtube.com/watch?v=W7765mlJEW8

 

このレベルを目指すぜ。

 

そして最終的には上原ひろみみたいに(この人はピアノだけど)誰かとセッションしたり、即興でその場にいる人たちが楽しくなるような技術を身に着けたいね。

 

https://www.youtube.com/watch?v=KadnVRvO4cM

 

このレベルに行くには10年以上かかる気がする。

 

ライブもしたいし、音楽仲間と一緒に美しい作品も作ってみたい。

音楽やりたいけど楽器できないって人に、教えることもやってきたいね。

ギターがかなりうまくなったらピアノ・ベースもやってみたい。

海外の人たちと音楽で会話しまくりたい。

 

 

やりたいことあげたらキリがないっすな。

 

 

 

ちなみにおれは今ギター全然弾けないっす!笑

 

 

このゼロの状態からコツコツ成長して、人を感動させるレベルまで登ってくぜ。

これは趣味じゃないよ。人生の挑戦。

 

道中を楽しむぜ。

とりあえず今日はおれの「使命」について紹介したぜ。

 

 

 

 

 

おわり