読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三ツ星の男

みなさんこんばんは。

 

 

 

実は今日とても面白い話を聞いて深く感銘を受けたのでそのことを書こう。

 

 

 

 

皆さんはたぶんミシュラン・ガイドという本の存在は知っていると思う。

これはフランスのミシュラン社が出版する優秀なレストランなどを星で評価するガイドブックのことだ。何年か前に日本でも結構話題になったから有名だよね。

 

 

 

 

ところが皆さんはこのミシュランがつける☆の意味を知ってるだろうか?

俺はてっきり料理がどのくらいおいしいかの評価だと思っていた。ちょうどチューボーですよの星3つのようなイメージ。

 

 

 

 

しかし実際の星の意味は以下のようになっているのだ。

 

 

 

 

 

☆・・・ そのカテゴリーで特に美味しい料理を提供するレストラン。

 

 

 

☆☆ ・・・ 極めて美味な料理であり、遠回りしてでも訪れる価値がある。 

 

 

 

☆☆☆ ・・・ 卓越した料理を供する。それを味わうために訪れる事自体が旅の目的になり得る。

 

 

 

ということらしいのだ。これは初耳だった!

そしてすごい核心をついた評価だなと思ったのだ。

 

 

 

ようはこの評価は、☆一つさえあれば十分おいしいんだけど、星の数によってお客に与えられる価値が全然違うってことだよね。

 

 

 

そしてこの考え方は人間にも当てはまると思うのだ。

ちょっと想像してほしいんだけど、世の中にはこの人いい人だな~っていう人間が沢山いると思う。

 

 

 

でもその中でもこのミシュランの三ツ星みたいに

 

 

☆・・・会いたい人

 

 

☆☆・・・遠回りしてでも会いたい人

 

 

 

☆☆☆・・・会うこと自体が旅の目的になる人

 

 

てな具合で会いたいレベルに差があるのだ。(これは仕事にも言える。たまたま取引先だから一緒に仕事したいと思われるのか、たとえその人が違う会社に転職してもわざわざ出向いて取引を続けたいと思われるのか。)

 

 

 

 

じゃあこの一ツ星と三ツ星の違いは何かっていうと、どれだけ「こいつじゃないとダメだ」と相手が思うような唯一無二な価値を提供できるかだと思うのよね。(あえて難しく言うなら)

この価値っていうのは何もすごいことを教えられるとかじゃなくて、最高に愛くるしいとかやさしいとか面白いとか笑顔をみると元気になるとかでいいのだ。

 

 

 

 

そしておれはそんな三ツ星の男になりたいのだ!!

他の人にはない唯一無二の面白さとか考え方とかやさしさとか独自の経験から繰り出される変な意見とかを大切にしたい。

 

 

 

おれとしか共有できない飛び切りに面白くて革新的な心がホッと暖かくなるような時間を提供できるナイスガイになりたいのだ。

 

 

 

そして、「俺という人間=唯一無二の価値を提供する仕事」みたいな感じで俺の人生そのものが人々の役に立って、世の中の人々の幸せに貢献できたら最高にハッピーだなと思うのだ。

 

 

 

おれの三ツ星の男への旅路はまだまだ長い。

 

 

 

 

 

おわり

最高にかっこいい男。

みなさんこんばんは。

最近修論で絶賛もがき苦しみ中です(てへぺろ

 

 

 

 

この間腰痛で夜中に目が覚めて、テレビを見ていたら最高にかっこいい男の特集がやっていた。

 

 

www.youtube.com

 

そう、野球の川崎宗則選手。

何の気なしに見ていたら、丁度おれのテーマを体現していてびっくらこいたのだ。

 

 

 

 

 

見てもらえばわかるが、彼はいま5年連続マイナー契約

日本時代にはスター選手で数々の賞をとっていた彼も、アメリカではメジャーに定着できずにもがき苦しんでいる。

 

 

 

 

 

給料も日本時代には何千万と稼いでいただろうに、今は月30万。

日本に戻れば、きっとどこの球団でも好待遇で迎えるはずだが、彼は孤独にアメリカで挑戦し続けているのだ。

 

 

 

 

 

ああ、なんでそんな決断ができるんだろうか。

なんでそんなにキラキラしていられるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

おれは感動せずにはいられなかったね。

この姿勢はまさに俺が目指しているもの。

自分の意志で、自分の基準で、自分の魂で、自分の道を選択するってこと。

 

 

 

 

 

 

多くの人が周りのみんなの評価とか価値基準に流されて、自分の道を選んで行ってしまう。その基準から外れると、自分がどうしようもなくかっこ悪く思えて自信をもてなくなっちまう。

 

 

 

 

 

 

だけど川崎選手みたいに自分の魂の声に突き動かされて選択していく人は、たとえその時うまくいってなかったとしても最高にかっこいいし、キラキラ輝いているし、絶対に最終的には何かを成し遂げると思う。

 

 

 

 

 

おれはまだまだ周りの評価を無意識に気にしてしまって、魂の声に反した選択をしようとしてしまうことが多い。じゃあどうしたら川崎選手のようになれるかっていったら、地道に小さな挑戦、小さな決断を積み重ねていくしかないのよ。

 

 

 

 

 

丁度今、これからの過ごし方について魂に従った決断をしようとしているところだから、方向が明確に見えたときに是非みんなに報告したいと思っとります。

 

 

 

 

それでは、一日一日を大切に最高に楽しく過ごしていこうぜ!

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

おれが書きたいこと!

皆さんこんばんは。

 

 

さて、丁度先月くらいからブログを始めて俺が日々考えていたことを書いてきたわけだが、なんか違うのだ。

 

 

 

 

 

 

やれ目標の立て方だの、日々の幸せな過ごし方だのを書いたみたけれども、そんなのは過去の偉人の啓発本を2.3冊あさればきっと似たようなことが書いてあるのだ。

 

 

 

 

 

もちろんそれについて俺独自の体験とか視点を踏まえて紹介していくことで、読む人に何かしらの気づきを与えるきっかけにはなるかもしれないけど正直おれじゃなくても書ける話なのよね。

 

 

 

 

なんというか上っ面の部分しか書けてないもどかしさ!

 

 

 

 

もっと醜い心の葛藤とかよ、頑張りたいけど頑張れてないかっこ悪い姿とかよ、そういう部分があったからこその、うまくいったこととかがあったわけなのさ

 

 

 

 

そう、おれはこのブログで格好つけていたのだ!!!

 

 

 

 

これからはとことんカッコ悪いところ見せていってやるぜ。

それを含めてのおれだからな!

 

 

 

 

 

ということで今後ともよろしく!

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

再生

 

魔物が叫ぶ

 

 

理解されたい、好かれたい、全ての人にとっての一番でありたいと、、

 

 

 

しかし、全員にとっての一番になることはできない

 

 

それならTOP3にははいりたい

 

 

全ての人から好かれたい

 

 

もてはやされたい

 

 

だから自分を常にベストな状態で保っていたい

 

 

 

ベストじゃないなら人前に出たくない

 

 

 

一度相手に好意を持ってもらえたら、その状態を維持したい

 

 

 

それには果てしないエネルギーを使う

 

 

 

それでもその人その人に合わせてオーダーメイドのいい人な自分を演じる

 

 

一定人数を超えた時点で無理がかかってくる

 

 

 

一つが崩れると雪崩のように作り上げた自分が崩壊していく

 

 

 

失う

 

 

 

失ってから気づく

 

 

演じた自分を好いてもらっても、それでは永遠に心の安息は訪れない

 

 

偽りという毒に侵された自分の右腕を一度切り落とさなくてはならない

 

 

 

そうすれば毒は止まる

 

 

 

しかしもうその右腕が再生することはないだろう

 

 

 

それでも残された体で新たなスタートをきる

 

 

 

ありのままの自分で生きる勇気を持つ

 

 

 

時々失った右腕がうずく

 

 

 

痛みを噛みしめ進むしかない

 

 

 

今は好かれなくてもいい

 

 

自分が誰かの役に立てているのなら

 

 

 

光を当てられなくてもいい

 

 

俺の魂は皆の喜びの中にある

 

 

 

 

 

 

おわり

灯台下暗し!!

皆さん、こんばんは。

何日かぶりの更新。

 

 

そういえば、一昨日の朝方に今まで経験したことのない頭痛と歯痛に襲われて、飛び起きたんですよ

 

 

 

朝の4時過ぎだから病院もどこも開いてないわけで、、ありゃ死ぬかと思ったわ、、、

 

 

 

 

結局原因は、最近始めた鼻うがいだった(笑)

鼻の奥の空洞が炎症起こしてたのだ、、、、

ということで1週間、禁酒禁ジョギングとなりました(悲しい)

 

 

鼻うがい自体はちゃんとやれば気分爽快になるらしいんだけどかなりやり方が難しいんだよね

やっている人いたらコツ教えてほしいわw

 

 

 

 

 

とまあ前置きはこの辺にしてここからが今日の本題!

 

 

 

前回、自分の進む方向とか目標が決まらないって時に、自分の過去の体験から考えてみるのがいいのでは?ってことで長々と書いたわけなんだけど、、、、、

 

 

 

ふと思ったのが、、

 

 

 

 

「難しく考えすぎてしまってね????」

 

 

 

 

ってこと(笑)

 

 

 

 

自分がなんでその目標を設定するのかは大事だけど、いちいちこんな感じで考えすぎてたらなんも行動起こせなくなっちゃうよな

 

 

 

「なにかに挑戦したい」、「これを頑張ってみたい!」って時、そんな頭で考えないよな、

 

 

 

心の底からワクワクして、興味・好奇心でやらずにはいられなくなるからやるんだよな

 

 

 

ってことで一番大事なのは

フィーリングっしょ!!

 

 

 

という結論に落ち着きました。(前回の考え方が無駄なわけではないはず)

 

 

 

自分の小さな好奇心の火種にちゃんと気付いてあげるのって大事だよね

普段から好奇心を大切にしてないと、だんだんと自分でそれに気づけなくなってくるんよね

 

 

おれはつい1・2年前まで

 

 

「やりたいこと何かある?」って聞かれても全然思いつかない状態になってたよ

 

 

しょうがないからなんとなく興味があるような気がすることに片っ端から試していったら、だんだんと色んなことに興味がわくようになってきた!

 

 

このブログも情報発信に興味持ったから始めたわけだしね

 

 

 

ってことで目標が見つからないときは、まず自分がちょっとでも興味があることに片っ端から挑戦してみるのがいい気がする

 

 

で目標がだんだんとでかくなってきたら、自分がそれをする意味とかを考え出せばいいんじゃないかな(その時に自分の過去の体験から意味づけするのはありでしょ)

 

 

 

 

ちなみに俺は絶賛興味のままに色んなことを試し中の段階。

趣味レベルのものが1.5流くらいになったら見えてくるものが変わってくるんじゃね?と期待してるわ(笑)

 

 

 

でもそれとは別に理想の自分像は前回書いたように結構明確だから、コンパスでだいたいの方角はわかってるけど、目的地にたどり着くまでの具体的な方法は興味の赴くままに片っ端から試している最中って感じかな!

 

 

本田さんとかは目的地も明確だし、そこに行くまでの方法もかなり明確ってことだな

 

 

 

 

ということでめっちゃまとまりのない自分でも何書いてるんだかわからん文章になっちゃったけど、

 

 

目標が見つからなくて困ってる時は、意味を考えるのは後回しにして、ちょっとでも興味持てることを挑戦しましょってことかなー

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

風に立つライオン

 

前回の記事を書いた後、ふとある話を思い出した。



その話はおれがとても好きな「風に立つライオン」というさだまさしの書いた本の中にある。(映画化もされた)





実話に基づくケニアの戦傷病院で働く日本人医師の話なんだけど、この小説の中に元少年兵の話が出てくる。





彼は大人に利用され今までに9人の人間を殺してしまった。そのせいで自分の殻に閉じこもって攻撃的な性格になってしまったのだ。





そんな彼に対して、大沢たかお演じる日本人医師が彼が進むべき方向性を示すシーンがある。







「風に立つライオン」特別映像(主題歌フルバージョン) - YouTube







この動画の6:15からのシーンなんだけど、この医者は元少年兵に対して、





「おまえは9人の命を奪った。それならば、お前はこれからの人生をかけて10人の命を救わなければならない」





と言う。

 

 

 

マイナスの過去は消えないけど、その過去があるからこそ頑張れるってことがあるんだよね。

 

 

 

その後この少年はこの言葉を胸に医者になって、沢山の人を救っていく。

 

 

 

進もうとしてしてれば、どんな失敗でも必ず取り戻せるよな~と思ったのでした。

 

 

だからこそ失敗を怖がらないで挑戦してやろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、この曲を初めて聴いた時心が震えたの懐かしいな。

あのころから多くのことが変わったけど、全部自分に必要なことだったんだろうな~

 

 

 

 

ふと思い出した話でした。

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

目標の見つけ方はナルトに学ぶべし!

みなさんこんにちは。

 

今日は自分の理想像(成長していきたい方向)の決め方についてつらつらと書いていこう。

 

 

世の中には自分の本当にやりたいこととか目標(心から達成したいと思える)を見つけるのに苦労している人が結構いるんじゃないかと思う。

 

 

 

 

おれも2年前就職活動をしていた際に、自分がほんとうにやりたいこととか人生を通して(仕事を通して)どんな目標を達成したいかが全く思いつかなくて死ぬほど悩んだのだ。

 

 

 

ということで自分の進んでいく方向(生き方)とか本気の目標をどうやって決めていくかについて俺なりの考えを書いていくぞい。

 

 

結論から書くと、

 

 

 

”過去の体験(成功体験、挫折体験、喜びを感じた経験、悩み苦しんだ経験)”

 

 

 

 

が目標とか方向性を決めるのにすごく大事なんじゃないかと思ってる。

 

 

何故かというと過去の体験が目標を目指す根拠になれば人生全体に一体感が生まれて、その目標とか方向性が自分の「使命」のように感じられるからなのだ。(逆に過去が目標の根拠にならないと、なんで俺がこの目標を目指す必要があるんだろ?と疑問を持ってしまうとおもうんだよね)

 

 

 

そしてこの過去の体験は喜びとか苦しみが大きかった分だけ、強い原動力となって自分を支えてくれる。ここでのポイントはプラスの体験だけじゃなくて、マイナスの体験も原動力になるってとこ!

 

 

ということでこれから両方のパターンについて考えていこう。

 

 

 

[プラスの体験の場合]

 

プラスの体験(大きな成功体験、めちゃくちゃ頑張った経験、喜んだ経験)の場合は容易に考えられると思う。

 

例えば

 

・中学時代数学オリンピックで優勝したから、将来は数学の研究者になってノーベル賞を目指そうとか。

 

 

・高校時代に3年間アメリカに留学して、海外の人とディスカッションする喜びを知ったから、将来は世界を股にかける商社マンになろうとか。

 

 

・昔から読書が好きで趣味で何本も小説を書いてきたから、これからも仕事を続けながら芥川賞を目指そうとか。

 

 

・人前で話したり目立ったりするのが今まで一番気持ちよかった瞬間だから、俳優とかアーティストとか人前に立つ仕事をしようとか。

 

 

・今までよく友達の悩み相談に乗っていて、相手から感謝されたときがとても嬉しかったから、これからも沢山の人の悩みを解決することに力を注いで生きていこうとか。

 

・外国の友達と話せると嬉しいから、英語の勉強としてTOEICで満点目指そうとか。

 

 

 

あげればキリがないけどこんな感じかな。

就職活動とかの時にはこういうプラスの体験を理由にして仕事を決めようとすることがおおいんじゃないかな?

 

 

 

やっぱり今まで自分が力を注いできたこととか、一番喜びを味わった瞬間とか成功体験は今後のより大きな目標とか生き方の方向性を決める強い理由になるよね。

 

 

ただおれもそうだったんだけど、そこまで大きな成功体験とか、死ぬほど熱中したことがない人はこの方法で決めるのは難しいと思うんだよね。

 

 

 

そこで活躍するのがマイナスの体験。

 

てことでこっちも例をあげてくと

 

[マイナスの体験の場合]

 

・子供のころとても貧乏で苦労したから、将来は同じように貧困で苦しむ人たちを助けるための財団を立ち上げたい。とか

 

・子供のころ友達をいじめていたことをとても後悔しているから、これからは職場でも友人関係でもいじめられている人を助けることを使命にしようとか。

 

 

・自分はとても嫉妬深くていつも友達を傷つけてきたから、これからは心から他人を応援できるように成長していこう。とか

 

 

・今まで自分の意見を伝えるのが苦手だったから、ブログで自分の意見を発信して読者100人を目指そうとか。

 

 

・自分が今病気で苦しんでいるから、日々の気づきをシェアして同じように苦しむ誰かの役に立とうとか。

 

 

 

まあこんな感じで今まで「○○に苦しんできたから、同じように苦しんでいる人を助けよう」とか「○○が原因でいつも失敗してきたから、それを克服するために~をしよう」という発想でこれからの目標とか生き方を決めるのはすごいアリだと思う。

 

 

しかも死ぬほど苦しんだ経験って本当に大きな原動力になるよね。有名な起業家で貧乏出身の人が多いのはこういう理由なんじゃないかな。

 

あとは漫画のナルトとかも

 

「幼少期にみんなにいじめられたから、里のみんなに認められた存在である火影を目指す」

 

ってことでマイナスを原動力にしてるよね。

 

このようにマイナスの体験がこれからの目標の原動力になることで、「今まで死ぬほど悩んできたことも無駄じゃなかったんだ」て思える。そうすると今までの体験すべてが必要なピースで壮大な人生の物語を描いている感覚になるのだ。(人生全体に一体感が生まれる)

 

 

そうするとその目標を達成することに使命感が生まれるよね。

(ワンピースのルフィは第1話で、自分の弱さが原因でシャンクスの腕を奪ってしまう。だけどその辛い経験があったからこそ、海賊王になることに本気でコミットできてると思うんよね。)

 

 

 

てことで目標を決める際に過去の体験をよーく思い返してみて、それを原動力にして目標を決めるのはおすすめの方法かな。

 

 

それとプラスして

・好奇心が湧くか?

・誰の役に立ちたいか?

 

の視点も入れるとより明確な目標と方向性が導き出されるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

最後に自分の話をすると、

 

 

俺は人一倍に承認欲求が強かったせいで、人の目ばかり気にして自分の意志で物事を選択できなかったり、競争スイッチが入ると友達を大事にできなかったり、自分が評価されるための行動ばかりしていたと思う。

 

それらが原因で就活の際には自分の本当の気持ちが分からなくて死ぬほど悩んだし、友達と良好な関係を続けられなくて苦しんだことも何度もあったし、利己的に友達を利用して傷つけたりもしたと思う。

 

だから今はそんな経験をしたからこそ、自分の意志で常に判断することを大切にしてるし、友達を競争相手じゃなくて一緒に進んでいく仲間としてできるだけ役に立ちたいと思ってるし、関わる人全員にプラスの影響を与えたいと思ってる。

 

そして以前のおれと同じような理由で悩んでいる人がいたら、是非それを解決するきっかけになればいいなと思ってこのブログを書いたりしてるわけだなのだ。

 

 

ということで俺の今の方向性は

 

・自分の意志で自分の進む道を決める。

・友達や関わる人に仲間としてできるかぎりの貢献をする。

・自分と同じように悩んでいる人の助けになる。

 

て感じかな。

 

具体性がなくね?って思うかもしれないけど、この方針に従いながら場面に合わせて具体的な目標は作っていけるから問題ないのだ。

 

 

たとえば自分の意志で英語を学習しようと思ったら、TOEICで具体的な点数を目標にしたり、英会話でのボキャブラリーを増やすことを目標に設定すればいいわけ。

 

友達に貢献するっていうことを意識してれば、困ってる友人がいたときにその人の悩みを解消するってことがその時の目標になる。

 

 

自分と同じように悩んでる人の助けになることを意識していれば、よりブログを多くの人に読んでもらえるようにいいトピックを探すことが目標になる。

 

 

 

ということで今日は生き方の方向性とか大きな目標の見付け方を書いてみたぜ。

それではまた!

 

 

 

 

おわり