今年の抱負

みなさん、お久しぶりです。そしてあけおめ。

 

毎年恒例一年の目標決めを行おうと思います。

実をいうと、2018年をどう過ごすか考えるパワーすらここ数日ありませんでした。

 

 

というのも、年末仕事で新しい課題(何がわかっていないのかすらわからない課題)が山積みでそれを解消するのに年始は躍起になっていたからです。

 

 

そして自分の肌感覚で課題が10あるとしたら現時点で3くらいしか冬休み中解決できませんでした。これはすごく気持ちの悪いことです。

 

 

というのもおれの性格はできるだけ100パーセントの準備をしてから本番に臨みたいタイプで、当初は冬休み中に全課題を克服して気持ちよく新年一発めの仕事に行きたかったからです。

 

 

というわけで明日から仕事という中で、仕事の準備を進めるか、一方毎年恒例の目標決めに時間を使うかうだうだ悩んだりしていました。

 

 

が、一年の初めっていうのはその1年の上昇の発射角度を決める大切な時期。乗らない気持ちを奮い起こして、今後について考えてみた次第であります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本当は去年の振り返りも含めて、じっくりやりたいんだけどそれは近々別の時に書くとして今年の大切にしたい「気構え」、そして具体的な「目標」についてぱぱっと書いていこうと思います。

 

 

 

 

まず「気構え」について。

これは今年一年どういう基準で毎日を過ごしていくかの基準となる大切なやーつです。やはり人は日々の忙しさや周りからの影響で自分が大切にしたい軸がどんどんブレて違う方向を向いて行ってしまうから、この機会にキッチリと軌道修正しなければなのです。

 

 

おれが大切にしてる心の持ち方ってなんだっけ?と考えると思い浮かぶのが、おれがかっこいいと憧れる輝いてる男たちです。

 

 

本田をはじめ沢山の人たちがおれが心から望んでる強い心を持っています。おれも去年の初めや、仕事を始める直前などにそういった強い心を持とうと再確認して日々過ごしていました。

 

 

が、年が終わりに近づき仕事が大変になっていくにつれ、強い心がどんどん失われていったなと反省しているわけです。

 

 

 

具体的に言うと、難しことに挑戦することを敬遠するようになったと思うのです。難しいことっていうのはやはり失敗がつきもの。身の回りの数少ない自分のタスクでさえ上手くいかなかったりして上司に怒られまくっているのに、その上実力以上の仕事を買って出たらさらに怒られるのは目に見えているでしょ。

 

 

 

特に年末のあたりは、できるだけ失敗しないようにと自分のできる範囲の仕事しか引き受けづ、縮こまっていたなと思います。

 

 

 

だけどそうやって守りに入って怒られなくなったところで何になるの?っていう話です。別に俺は怒られないために、評価を下げないために仕事をしているんじゃなくて、ちょっとでも自分の興味持つことで成長していき、たくさんの価値を生み出せる男になるために今の仕事をしているわけです。

 

 

 

失敗を恐れて、成長のチャンスを逃すっているのはおれの方向と真逆なんです!

 

 

 

っていうことで、今年大切にする気構えは

 

 

「失敗を恐れない。いや、むしろ人生で一番失敗を重ねる年にする!!!」

 

 

 

というものです。最初から人の10倍怒られる気構えで行きます。その代わり人の10倍成長してやります。ここで腹をくくらねばもう小さくまとまった社会人1年目になっちゃうと思う。そんなの面白くないよね。もう開き直りですよ笑

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

次に今年の目標です。この1年でおれはどうなっていたいのか?何を達成すれば胸を張って1年間頑張ったと言えるのか?

 

 

大きく分けて2つ達成したいことがあります。

 

一つ目が「仕事での成長」。

二つ目が「ピアノの成長」。

 

 

 

「仕事」に関して言うと、今のプロジェクトが年始から4月までで一区切りを迎えるんです。その中で如何に自分の存在意義を出していくのかっていうのがとてもカギになってきます。

 

 

具体的に言うとスキルをどこまで伸ばせるかで俺に任してもらえる仕事の量が変わるわけです。今おれはWEBアプリケーションの画面の見た目部分(スキル的にはHTMLとCSS、SCSS)を担当しているんだけど、ロジック部分(計算処理とかデータの受け渡しなど)についてまで担当できるようにしたいわけです。

 

 

っていうことでそのために必要な「Angular」っていうフレームワークを使えるようになって、ロジック部分まで担当するっていうのが当面の目標です。そのあとについてはまだプロジェクトがどうなるか未定なんで、4月前に目標を立て直したいと思います。

 

「Angular」を使えるようになるには、失敗を恐れず上司に疑問をぶつけまくること、業務後に自宅でスキル向上をすることが不可欠。この3か月どんだけやりきれるか勝負って感じですね。

 

 

 

次に「ピアノ」について。

 

 

これは去年の頭からやると言っていながら、中々時間を使えなかったこと。本当に悔しいっす。とういうことで、今年はピアノについても大きく飛躍させます。

 

 

 

具体的には発表の場を設けて、それに照準を合わせて練習していきたいと思います。

直近では、会社の同期のバイオリンを弾ける奴とセッションをすることになったので、それをいつ完成させるか近いうちに決定させます。

 

 

そしてそれが終わった段階で次の目標も決めていこうかなと思います。ってことでピアノについての目標の期日も近いうちにちゃんと書きます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ってことで今年の「気構え」と「目標」についてざっと書きました。未定のところも多かったので近いうちにちゃんと時間をとってハッキリさせたいと思います。

 

 

 

それにしてもやはり心の持ち方とか目標をセットし直すっていのはいいものですな。

さっきまで明日仕事に行くのめっちゃ憂鬱だったけど今は燃えてきましたよ。

 

 

では明日から頑張っていきましょー!!

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

心の充足感を生み出すのは圧倒的努力以外にない

みなさん、お疲れ様です。

今年も残すところあと10日ですね。

 

ここ最近仕事に情熱を持てなくなって悩んでたわけですが、遂に突破口を見つけることができました。てなわけで何に悩み、どう解決したかを書いていきましょう。

 

 

まず悩みの発端は、今の仕事を100%好きだと言えない自分に気付いたことでした。

 

 

ここでのポイントはおれの中の「100%好き」基準が本田圭佑になっていること。本田は幼少期から一貫してサッカーに打ち込んで、どんなきつい試練が来ようとその情熱で乗り越えていく。おれは思ってたわけです。

 

「どんだけサッカー好きなんだよ!」と。

 

 

そして、人一倍サッカーが好きだから、人一倍の努力ができる。人一倍の努力ができるから、活躍できる、輝いている。

 

 

なんて最高な生き方だ!と思うわけです。

 

 

てなわけでおれの理想は、「死ぬ程好きなことを仕事にして、死ぬ程努力することで、死ぬ程活躍し、死ぬ程たくさんの価値をみんなに提供していく。」

 

てな感じなのです。

 

 

さー、困った。今の仕事死ぬ程好きじゃないぞ…。

 

正直やってる作業は楽しい。レベルで言うとモンスターハンターをやってるくらい楽しい。同期も最高だし、上司もみんな優しく厳しく指導してくれる。1日立つのがあっという間。

 

 

一般的には仕事でこれくらい楽しめてれば御の字だと思うんだけど、おれは嫌なんだよね。このそこそこ楽しいくらいじゃ。 

 

 

だってこれから死ぬまで8割くらいの時間を仕事に使うのにそれが程々の楽しさじゃ勿体ないでしょ。

 

 

 

じゃあどうするか。もっと好きなことを仕事にする?今まで散々探してきましたよそれ?今更そんなすぐ見つかる?

 

 

おれが出した結論は「一旦好きかどうかは忘れる!」というもの。

 

 

どういうことか?つまりね、最初から100%好きな仕事、好きなことなんてなかなか無いと思うんだよね。

 

 

本田はたまたま最初からレベル80%くらいサッカーが好きで(これでも高いけど)、だけど死ぬ程努力することで上手くなって、奥深さ見えてきて、その結果100%好きになったと思うんです。

 

 

つまり、仕事への情熱とか好きな気持ちってのは、見つけるもんじゃなくて、育てるものだと思うんだよね。そしておれが憧れる輝いてる人達を見るに、圧倒的努力以外に情熱を育てる方法はないと思う。

 

とにかく圧倒的勉強、圧倒的行動。これを地道に続けるしかない。努力の先に見えてくる楽しさがある。

 

 

 

つまりおれが目指すは、当初理想だと思っていた、

 

死ぬ程好き→死ぬ程努力する→死ぬ程成長する→死ぬ程役に立つ

 

というパターンじゃなくて、

 

まあまあ好き→死ぬ程努力する→死ぬ程成長する→死ぬ程役に立つ→死ぬ程好きになる

 

 

というパターンなんだよね。

 

 

ポケモンだって初めから野生で100レベのやついないでしょ?それを探そうとしても無理ですよ。最初は10レベでもそこから育てればいいんですよ。

 

 

おれは今仕事の好き度15レベくらいかな。ちなみにピアノ15レベ、サッカーは20レベくらい好き。

 

 

ということで、これから3年くらいは本当に今の仕事が好きか?みたいな事で悩むのはやめて、ただひたすら努力をする期間にします。仕事への愛育てます!

 

 

具体的にどんな努力をするかってのはまた別の機会に書きましょう。

 

 

最後に今日のまとめを一言、

 

 

「100%好きになれる仕事を探してる?ダメリーマン」

 

「探さない、育てるの!

 

 

 

 

 

おわり

 

あれ、もう働いて3ヶ月?

みなさんお疲れっす。

研修が終わって1ヶ月ちょいたった川島です。

 

いやー、社会人てのは楽しく危険ですね笑

 

ちょうど今は証券会社の新規システム導入のプロジェクトで働いてるんだけど、なんというかすごいアクティブな仕事なんです。

 

いろんなスキル求められてほんと1ヶ月寝る間も惜しんで勉強して、成長する自分にやりがいも感じて。

 

が、、なんだろう。気づけば少し義務感でやってる自分の存在に気づくのです。まあそりゃ仕事だからやらなきゃいけないことってのはあるんだけど。

 

義務感が増えてきたら、たぶん高みにたどり着けないなと感じるんだよね。

 

突き抜ける人ってのは、結局は自分から湧き出てくる欲求、探究心で成長したいから、義務感でやってるやつは絶対勝てない。

 

いやー、絶対面白いプロジェクトだし、やりがいのある仕事なんだけどな。心が付いていかない。

 

もっと仕事だからってことを取っ払ってじぶんがどうなりたいか、どう成長するしたいかを考え直さねば。

 

仕事ありきじゃ、所詮会社の枠に収まっちゃう。

 

もっとおれらは色んなことに可能性を持ってるんよね。まだ何にでもなれる。

 

その為には熱く志さなきゃ。がむしゃらに仕事してたけど、ふと立ち止まってみる今日この頃っすね。

 

今年中に、もう一回方向を決断しないとね。ほんと、初めが肝心。もっと仕事は楽しくなるし、未来はエキサイティングになる。

 

やったりますよ。、

 

 

おわり

フワフワと1ヶ月過ごしてみて

みなさんおひさ!

気づけば社会人1ヶ月経ちました!まあまだ研修だから、働いてるって感じでもないけど社会人楽しいっすねー!最近は睡眠時間削って飲みまくってます笑

 

 

ところで、会社にいると目の前にやることが沢山あって、それをこなしていくのは結構楽しいわけです。ただ楽しさと同時にこりゃやばいなーって気持ちもあるんです!

 

 

 

明確な目標とか方向性を決めていかないと、サラサラと時だけが経って後には何も残らないみたいなことが起きちゃう。大学の時にその一連の流れは経験済み!

 

 

 

今を楽しみつつ、同時に何かを積み重ねていく!どっちもやってこそより楽しめるってものじゃないですか。

 

 

 

じゃあ何を積み重ねるか?はたまた何を目指していくか?

 

 

 

今までの流れでいくと、テクノロジー(技術力)、ピアノ、英語?はたまた、会社で実績を重ねてズバッと出世するとか?

 

 

 

んー、悪くはない!けど、なんかこじんまりしてる。もっとデカくて痺れる目標じゃなくていいのかね?

 

 

 

スケール感が一社員のそれになったら、それはもったいないよね。人間本気で望みさえすれば何にだってなれるんだから!

 

 

やっぱり組織に所属すると、周りから求められる姿に自分を押し込めてしまいがちになる。物事の判断基準が周りから評価されるかになりがちになってしまう。それじゃもったいないでしょ!自分の人生は常に自分で決めねば。

 

 

 

とりあえずさっきの3本の軸は悪く無い。ガムシャラさが足りないだけ!いっちょ、量をこなす時期を過ごしてみますかな。

 

 

 

情報の大量インプット!練習!行動!

パワフルにいかねば。

 

 

その先に何が見えるかな。

とりあえず今月は生活に変化を与えます!

突き抜ける!

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

ああ、社会人!

みなさんお久しぶりっす!

気付けば8月。早いもんですね。

おれもやっと今日から働くわけなので、その前に7月の振り返りをしておきましょうかね。

 

 

前のブログにも書いたと思うけど、7月のテーマはITテクノロジーという切り口で、システムによって支えられている世界の全容を知るという感じでした。

 

 

 

とはいえ7月頭の段階では、そもそも「ITテクノロジー」「世界の全容を把握する」がどういう意味・定義なのかは曖昧だったんですよ。

 

 

 

ITテクノロジーってどこまでのくくりのこと?どこまで理解すれば全容を把握したことになるの?

 

 

というところがよく分からんまま見切り発車したわけなんですね。なので7月は手探りで色々試しながら勉強していました。

 

 

具体的には入社準備も含めて、JavaSQLなどのコンピュータ言語を勉強したり、本やネットで気になるものからローラー戦術で情報を集めたりしてました。

 

 

が、勉強すればするほど知らない言葉のオンパレードでITテクノロジーが何なのかはボヤけるばかり。全容把握なんて程遠い話に思えたわけです。

 

ーー-------------------

 

「しかし、ある日おれはブレイクスルーを果たす!!」

 

 

こういうことはよくあるんですね。断片的な知識がある程度貯まった状態で誰かと議論をしていると、ふと天から革命的なアイデアが降りてくることが!!

 

 

大学の友達と世の中どういう部分がITシステムで支えられているか話し合ってた時、無数にあるシステムがある3+1つの要素に分類できる事に気付いたんですよ。

 

それが

1.数値情報の出入り口(センサー)

2.途中処理(計算機)

3.データを管理する所(データベース)

+α、数値情報を実現するマシン(ロボット)

 

 

 

世の中の電気で動いてるマシンは全てこのどれかに分類できると思うんです。

 

 

銀行ATMなら、ATM本体は数値入力される1の出入り口で、入金時にインプットされた数値はどっかのデバイス上で残額を計算した後に、どっかのデータベースでデータを保存する。

 

 

世の中のシステムはなんでもこの視点から考えられるんですよ。すると、どんな新しいテクノロジーと出会っても、これはこの4つの要素のうちのここが進歩した事でこういう事が出来るようになったんだなと推察・理解出来るんですね。

 

 

この何か1つの大枠をいくつかの(3〜5個くらいが丁度いい)カテゴリーに分けて考えられる事が全容を把握するって事だと思うんです。

 

 

そうすれば新しいものに出会ってもカテゴリーに振り分ける事で大体の位置付けが理解できて、ただの単体の知識ではなく他と結びついた使える情報にする事が出来るんです。

 

 

ちなみにこのカテゴリー分けは自分で考えて、自分の定義でやるのが大事だと思う。最初の段階でのカテゴリー分けは全然完璧じゃないわけなんだけど、それはその都度修正すればいいわけで。自分が腑に落ちる分け方で、自分の言葉で「ITシステムとは〜のことなんだな」って説明できることが一番大事!

 

 

 

ということで、おれはITシステムがこの4つのカテゴリーに分けられるっていう仮定のもと、日々情報収集します!

 

 

ではそろそろ電車がつくのでこの辺にしましょう。

 

 

あ、今度社会人の華金もしましょう!笑

 

 

ではまた!

 

 

哲学などについてでも語ってみましょうか。

皆さん、お久しぶりです。

なんとか無事アメリカから帰ってきました!!(1週間前にですが笑)

まーー、大いに笑い大いに苦しみ、総じて最高に楽しく実りある旅行になりました。

 

 

 

本当は帰ってきてすぐにブログを書きたかったんだけど、書きたいことがありすぎて考えがまとまらず書けずじまいになっていました。が、今日は天地神明に誓って書ききってやります。(今日かけなきゃ一生書かないかな笑)

 

 

 

 

とはいえ本当に書きたいことが多すぎて、ある一つの切り口に絞らないと纏まりそうもありません。アメリカと日本の違いやそれによる気づき、どんな人たちと出会ってどんなことを感じたか、どんな新しい経験ができたかなど切り口は無数にあるわけなんだけども、今回はそういった具体的な話は一旦置いといて、アメリカという非日常の空間に身を置いて40日間かけて考え抜いてちょっとだけ進化を遂げた現時点でのおれの人生哲学について今日は書いていこうと思います。(具体的な話は、直接会ったときまで取っておきましょう笑)

 

 

 「おれにとっての幸せは何なのか?」

この哲学的問いに対して、以前よりも一歩進むことができた、そんな話についてです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アメリカに来て10日ほど経ち、おれはある大きな疑問に直面した。

 

 

「あれ、俺なんでアメリカくんだりまで旅行しに来たんだっけ?」と。

 

 

 

というのも日本と違う街並み、違う文化、そしてそこに住む日本にいては会うことのできない人達との交流、そういう刺激的な経験を求めて渡米したわけだったのだが10日目にしてある種のマンネリがおれの心を苦しめ出していたのだ。

 

 

 

初めの1週間は本当に刺激的な日々だった。日本にはない風景、各国から旅人が集まるホステルで様々な国の友人たちと語り合い、アメリカ人の友人と国立公園でキャンプをしたり、彼のいとこ家族の家に泊めてもらったり。正に肌でアメリカを感じ、毎日が驚きに満ちた日々だった。

 

 

 

がしかし、人は慣れる生き物。10日ほどするとこの新しい環境での驚きも減っていき、退屈さなどを感じ始めた。そしてそもそも何で来たんだっけ?と旅行の目的すら分からなくなり、猛烈な虚無感と孤独感と不安感に襲われたのだった。

 

 

 

この重い気持ちを紛らわすために、友達を今まで以上に積極的に作って一緒に観光したり、アメリカでのやることリストを作り直したり、適度な運動やバランスの良い食事を取り入れたりしたわけだが、この問題は小手先の変化では解決できるものではなかった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ということで根本的原因を究明して解決するために、ここから本田侍の自問自答が始まるわけです(笑)。暇さえあれば紙に思いついたことをメモして、頭の中を整理しつつ現状を分析していったわけです。今まで何に楽しさ喜びを感じてきたか、それらに共通点はあるか。などなどまさに原点回帰、自己分析みたいなこと1からやってみました。

 

 

 

その詳細を書いていくと長くなってしまうので今回は結論だけ書きましょう。この問題を解決するためにはそう、おれにとっての「楽しさ」「幸せ」とは何なのか、これを正確に知ることがとても大切なのです。

 

 

この問いに対して、アメリカという異国の地でおれがたどり着いた答えは、

 

 

 

成長、共有、新体験

 

 

 

というこの3つの要素でした。もし今までのおれのブログも読んでくれてる人だったら気付くかもしれないけど、実は以前も似たような話を書いたことがありますね。

 

honda0119.hatenablog.com

 

これです。ここではおれにとっての幸せな状態が、

 

1、好きなことに熱中しているとき。そしてそれを上達させているとき。

2、誰かの役に立っているとき。

 

 

の2つの場合の時だって書いたのでした。これと今回の結論について考えると、1が成長、2が共有という新しいより抽象的な言葉に置き換わり、そこに3つ目の新体験という要素が加わりました。これは些細な変化に見えるけど実は大きな進歩といいますか、自分の中で一段深く腑に落ちることができているのです。

 

 

それぞれの要素のおれの中での定義を書くと、

 

 

 

成長・・・自分でハードル(小さな目標)を設定しそれを超えることで、自分の能力を上げていくこと。

 

共有・・・自分と他人との間で、価値を循環させること。(貢献も含まれる。)

 

新体験・・・新しい経験をすることで、自分の視野を広げていくこと。

 

 

 

てな感じになりますね。これらから得られる満足感といいますか、喜びにはそれぞれ特徴があると思います。

 

 

 

成長→努力をしている自分自身への満足感。成長し続ける限り、継続的に喜びが続く。

 

 

共有→人と時間や価値を共有しているということへの感動や安心。人の役に立てていることで心が温かくなるような満足感。

 

 

新体験→新しい刺激による瞬間的な楽しさ。満足感は刹那的で新しい刺激を与え続けないと持続しない。

 

 

という感じ。ここで今回のアメリカ旅についてみてみると、これはまさに3つ目の新体験に分類される楽しさ・満足感が中心になることがわかりますね。ということは、新しい刺激が多い初めは楽しい気持ちが続くけど、刺激が少なくなってくるにしたがって楽しさが減ってしまうのは当然なんです。楽しく過ごしたければ、成長するか誰かと共有するか新体験を積み重ねるかしかないわけなんです。

 

 

 

 

つまりおれの不満足の原因がなんだったかというと、アメリカっていう何か特別なボーナスステージにいるだけで楽しく過ごせると勘違いした受け身の姿勢が正体だったのです。

 

 

「アメリカにいるのに楽しくないぞ?」

「おれのアメリカを体験するっていう目的がそもそも間違いだったのか?」

不安、虚無感、焦り

「もっと楽しくなくなる。」

 

 

この負のスパイラルがおれの苦しみの正体だったのでした。この構造さえ理解すれば解決するのは簡単です。成長共有新体験をどんどん増やしていけばいいのです。その結果は最初に書いた通りで、この途中の困難も含めて人生で一番熱く楽しい旅行となったわけなのです。

 

 

 

というわけでこれから、成長共有新体験この3つをおれの人生哲学における3本の矢とでも呼んでいきましょうか。この3本の矢にはさらに面白いポイントがあります。

 

 

 

それはこの3つを組み合わせることで、楽しさ喜びが相乗効果のごとく倍増するってことです。一つ一つでも十分素晴らしいけど、楽しさのスケール感が段違いだと思うのです。

 

 

新体験が自分の視野を広げ、視野が広がることで挑戦への好奇心が生まれ成長を加速させ、成長して新しく提供できるようになった価値を人と共有することで新たな体験へのモチベーションを受け取る。そんな好循環が生まれるのですね。

 

 

もし現状に何か不満やら閉塞感を感じてる人は、この3つの要素に着目して行動を起こすと何か突破口が見つかるかもしれません。

 

 

 

そういう意味で、異国の地への旅行っていうのは本当に素晴らしいです。日本にいるのとでは段違いで新しい価値観を手に入れることができます。もちろん楽しいこともあれば面倒くさいこと不便なこと沢山あります。でも全ての経験が視野を広げるのにつながるはずです。今まで旅行にあまり興味がなかった人は、修行だと思ってでも行ってみるときっと何かを手にできると思います。

 

 

 

というわけで、成長・共有・新体験をおれの新しい行動指針としてこれからどんどん行けるところまで突き進んでいきたいと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後にアメリカでの出会いや新体験を受けて、おれが今後どんなことに挑戦していくかについて書きましょう。

 

 

アメリカでは本当に沢山の素晴らしく面白くカッコいい人達と出会って、そのすべての人から新しい気付きを貰えたんだけど、その中でも今後への直感的なヒラメキをくれた人達がいるんです。

 

 

それがボストンで友達になったVR(ヴァーチャルリアリティ)のクリエイターのNickとMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究員のCharityとAliciaです。彼らの専門はVRでそれを使って芸術活動をしてたり、企業と連携して製品の開発とかをしてたりします。

 

 

彼らからVRにおける最先端の研究がどんなことをやってるか聞いてるうちに、新テクノロジーっていう切り口から世界が今後どう変わっていくかっていうのにめちゃくちゃ興味を持ったんだよね。そして幸運にも来月からSEとして多少なりともテクノロジーに関わる仕事をするってこともあって、これからはこの切り口から世界を俯瞰できてかつ自分だけの価値を出せるような武器を身に着けたいと思ったわけなのです。

 

 

 

こういうビビビッとくる感覚は、ピアノや英語をやってやろう!と決めた時にも感じました。まさに腹を括って、君に決めたと賽を振る感覚です。結果はどうなるかわからんけど、取り敢えず散らばもろともやってみようということです。

 

 

 

ということで7月はAI、VR、ロボット技術などによって世界が今後どうなってくか、そしてそれに対して自分がどんな技術を身に着けて関わっていくかを把握したいと思います。それにプラスして今まで通りピアノと英語も成長させていきます。

 

 

つ!ま!り!これからは、

 

 

 

テクノロジー×ピアノ×英語

 

という3本の軸を、

 

 

成長・共有・新体験

 

 

という人生哲学における3本の矢のもと育てていくわけです!!!

 

 

 

今後の進む方向と進む方法がより明確になったわけですね。

 ということでだいぶ長くなってしまったので、この辺で今日は終わりにしましょう。(久しぶりに文章書いたので疲れました笑)。今回はアメリカ旅を経て人生哲学が少し洗練されたということと、今後取り組みたいことを一つ見つけることができたという話でした!

 

 

 

そのうち挑戦する具体的な内容についても書きましょう。みんなと一緒に取り組みたいこともあるんで、是非楽しみにしててください!

 

 

ではまた!!

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

アメリカ行って来ます!

みなさん、おはよう!

今日から1ヶ月ちょっとアメリカに行ってくるので、日本での5月の締めをしておきましょうかね。

 

 

前回のブログで書いたように今月の目標は、

 

 

英語の学習ラストスパート+ピアノの練習開始+仲間と夢探し

 

 

の3本立てだったわけですがホンダ川島は果たして日本での有終の美を飾ることができたのか……

 

 

順番に見ていこう。

まず英語に関してですが、これがまぁーー苦戦しました!!

 

 

先月は英語学習の仕組み化ができて毎日一定時間勉強できてたんですが、これが5月は上手くいかんかったのです。

 

 

何が原因だったかというと、それはズバリ「義務感」だと思うんです。

 

 

「アメリカ旅前に高い所までレベルを上げなければ」というプレッシャーを自分に掛けてたことで、今までは自分が好きだからやっていた物が、急にやらなければならない物になってハードルが上がってしまったのです。

 

 

その事で1週間くらい英語恐怖症になって、英語を聞きたくないし喋りたくない状態になってしまいました。

 

 

まあそこで自問自答が始まるのがホンダ川島ケイスケなわけです。

 

「あれ、おれなんでそもそも英語をマスターしたいんだっけ?」という事をとことん考えました。

 

 

仕事のため?凄いと思われたいから?今後使えると便利だから?

 

「そんなんじゃねーだろ、おれが求めた英語の極みは?」

f:id:honda0119:20170523052242j:image

 

 

おれはシンプルにお喋りが好きなんや!日本人は勿論、外国人ともたくさん喋りたいんや!それが純粋に楽しかったんや!!

 

 

とネテロばりに原点回帰しました。笑

ということで、先週くらいから戦意復活してなんとか英語習慣を取り戻しました。

 

 

ただ当初の予定だった単語帳は終わらなかったので、それは旅行で暇な時にちょろちょろと進めますかな。(そういえば折角だから、旅行中にビデオ撮ってどんくらい話せる様になったかも見せられたら面白いかもね。)

 

ということで英語は6割くらいの達成度でした!

 

 

次にピアノ!

これはですね、ずばりズバっと突破口が開けました。というのもビートルズの曲を練習してる時に、妹がコード弾きという便利技を教えてくれたんですよ。

 

 

そこで要領を掴めたので、コードさえ覚えれば好きな曲の伴奏を弾ける状態になりました!とはいえまだ3曲くらいだけどね。

 

 

ちなみにこれが一番最初にやった曲。

https://youtu.be/maqq-ziMoHA

 

まだ3曲くらいしか弾けないけど今年中にこんな感じのメドレー弾けるくらいになりたいすね。

https://youtu.be/em1x22e3YXs

 

ということでピアノについてはいい感じでスタートを切れました!今後に期待ですな。

 

 

最後に仲間と夢探しの編について。

これについてもなんとか始めることができました。面白いのが、どういう順番で議論を進めてくかって所から一緒に考えるってこと。正にゼロベースで色々話せて、今後さらに面白くなるなって思っております。

 

乞うご期待!ですね。

 

 

 

ということで5月の目標は達成度7割くらいって感じでしょうか。けど色々新しい事を始められたので、凄く前進できた気がします。

 

 

電車が空港に着いたので、こんな所ですかね!

 

 

まあアメリカでもネット使えるので、ちょいちょい更新するかもです。

ではまた!

 

 

 

おわり